TOP>>水浦海岸鉄道
水浦海岸鉄道

▲運用に就く103系。何とか3両編成に出来ないものか…

■通勤形電車

▲103系
 昔から変わらず走っている通勤形電車。2両編成がネックで、他の車両と運用が組めない。もっぱら専用運用が組まれ、この車両が検査や修理の際に日は3両編成の電車が代走する。


▲205系
 103系と運用共通するため導入された2両編成の電車。前後に異なるヘッドマークを付けている。


▲6000系
 運用できる車両を確保するという点から、速球に増備が行われた車両。予備中間車がもう1両存在している。


▲E231系500番台
 本格的な3両編成の通勤電車として最初に導入された車両。当時は在籍車両の都合上、特急車を普通列車に充当した『乗り得普通列車』が多数運転されていた中で、この車両は不人気であった。しかし、朝夕ラッシュ時に力を大いに発揮し、乗り損普通列車という汚名を、のちに導入された後輩車両とともに払拭した。


▲E231系1000番台
 E231系500番台に次ぐ『本格的な3両編成の通勤電車』として導入された。しかし、後から導入された第2編成は当初2両編成であったため、第1編成と共通運用を組めなかった。その後、新たに中間車両を増備されて3両編成となり、2編成で共通運用を組めるようになった


▲2両編成時代のE231系1000番台第2編成


▲中間車増備に伴い、3両編成となった同編成

 



このページについて
このページに記述されていることについては、一部を除いて全て架空の内容です。
Copyright (C) 2017 水浦海岸鉄道(ACTIO371). All Rights Reserved.
TOPへもどる