TOP>>水浦海岸鉄道
水浦海岸鉄道

▲通常線路で走行する50000系『PanoramaViewing』

■特急車両(Limited/Cruise Express)

▲初披露時の50000系『PanoramaViewing』
 優等列車は大きく2つに分類されます。1つはLimitedExpressで、この鉄道で走る特急電車です。そしてもう1つはCruiseExpressといい、東浦駅を起終点とするツアー列車です。通常のように駅で切符を買うだけではご乗車できませんのでご注意ください。

□特急-Limited Express-

▲700系『SuperDack』
 発足当時の特急列車は『速さ』を求めた。その形で誕生した車両。ただ、収容力も兼ね揃えていたため、この車両は一時期間合い運用で普通列車にも使用されていた事がある。今でも稀にあるとかないとか。


▲E4系『SuperMax』
 収容力重視にして登場した特急車両。通勤車両が不足していた際には、この車両を普通列車に使用していたことがある。ただオールダブルデッカーの代償で、駅での乗降に時間がかかり、遅延を多く発生させてしまったりと散々な有様だった模様。通勤電車が揃えられた後は特急専用となり…はしたが、最近は運用の機会が減った模様。


▲E3系『CompactPink』
 当時はまだまだ、特急列車を普通列車に使用していた中で導入された特急車両。この車両が充当された際には乗降位置に注意だ。


▲E6系『CompactPrincess』
 現状の中で、早さをひたむきに追い求めたチームがたどり着いた形の特急列車。ただ線形とかをいろいろ考えたら、ただ優雅に走るように見えるだけとか。乗降位置に注意が必要。


▲371系『WideViewExpress』
 窓から見える景色は最高という声をよく聞く列車。稀にあおぞら銀河鉄道線で運行されるとかないとか。


▲50000系『PanoramaViewing』
 371系以上のワイドビューを誇る両方の先頭車。近未来的な風貌は乗客の方々にも好評を得ている。ただ、その先頭車が実質ハイデッカー構造なのが困りもの。乗客数が多い朝夕ラッシュ時の運転には向いてないという。


▲253系『SunshineExpress』
 降臨した、太陽のように鮮やかな、比較的普通の特急。今のところ、一番使い勝手がいいのがこの車両とか。

□周遊列車-CruiseExpress-

▲クルーズエクスプレス『トワイライト』
 一世を風靡した寝台特急の一部が復活…。運転開始当初は諸問題により、電源車が青色のものだった。沿線の観光地に立ち寄りながら、水浦海岸鉄道線を往復するツアー専用で運転されている列車。ただし不定期運行。主に電気機関車EF65PFが牽引する。
特集記事はこちらからご覧ください。


このページについて
このページに記述されていることについては、一部を除いて全て架空の内容です。
Copyright (C) 2017 水浦海岸鉄道(ACTIO371). All Rights Reserved.
TOPへもどる